名将気取り

meishow.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 09日

将才の上積み

 W杯アジア最終予選を5戦して、4勝1敗。最終節を1試合残して結果2位以内が確定した(参照)。アジアの出場枠が4.5に増えたことは確実に追い風にはなったが、代表監督としてのジーコは成績面だけを見れば出色の出来映えを示している。まるでアジア1次予選を戦っているかのような安穏とした戦いぶりのまま、最終予選のミッションは終了した。

 安全第一のベースは完全に定着した。この極東の島国のフットボールはまるで地中海のブルーに模した青の軍団に重なって映る。かの国には退屈を紛らわすための魔法使いが2、3前線に顔を揃えるが、しかし当方にはそんなファンタジーは存在しなかった。サイド攻撃は最後まで沈黙し、ラインは常に一定の深さを保つ。カウンター以外の得点機はほぼ皆無で、最少得点での接戦をものにしてきた。しかしながら、危なげなく2位通過を決めてみせたのである。


1 イラン 13
2 日本 12
3 バーレーン 4
4 北朝鮮 0

 王手のかかったタイでの北朝鮮戦は主力選手の離脱が相次いだ。怪我の小野に加え、中田英寿、中村、アレックスをも累積警告で欠いた。しかし相手が北朝鮮だったこともあって、それを殊更に危機的と煽る向きはなかった。主力級の選手としては、さらに怪我で復帰が叶わなかった高原や久保の不在もある。それでも危機として報じられることはなかったし、戦前から総じて楽観ムードさえ漂っていた。そしてその通りの展開で事は運んだのである。

 これが8年前の予選であれば、どうだっただろう。前園の代わりに招集された中田が早々とレギュラーに収まって以後、W杯出場権を得るまでの道程は平坦ではなかったし、仮にあの時期に中田、名波浩、山口素弘の3人のうち1人でも欠けていたら平常の戦いぶりを披露することは不可能であったろう。現代表は中田が抜けても痛くはなく、小野の不在は毎度のことで、中村がいなくても小笠原でチームは成り立つ。これは例えば以前と比べて中田の才能に蔭りが見られるとかいった問題では決してなく、選手1人にかかる負担が少なくなっているということを表わしている。

 監督においても然りだ。小粒とはいえ駒の増えた状態で操る権限を持つジーコと、当時の加茂・岡田両監督とは雲泥の差があると言って良い。8年前には小粒の駒さえ充分に揃っていなかった。昔に比べれば多少なりとも贅沢とも言えるその権能を以ってして、ブラジル人監督が取った戦い方は典型的なリアクション・フットボールだった。

 アジアレベルとは言え、確かに最終予選は甘くはない。華麗なフットボールを披露したところで、本大会へ駒を進められなければ意味はないのも当然だ。しかし、そのまま出場権を獲得して指揮官も変わらず、また彼の意識も変わらないままに本大会へ駒を進めても、どれだけ魅力あるフットボールを志向できるのかは疑問である。魅力のあるという表現をすれば、かなりの確率で『熱い戦いをありがとう』というような根性系の感動物語が民衆の興味を惹くのだろうが、そういった意味での魅力はフットボールの魅力ではなく、単にスポーツ全般に言える魅力に過ぎない。汗と思考は別物である。


「私はこの仕事に就くときサインした時から今日のことを確信していた。皆の力を結集すればとてつもないことを成し遂げられるという確信をもとにこれまでやってきた。ワールドカップ予選11試合を戦い、1敗という立派な成績で本大会に行けることを心から喜んでいる」(ジーコ談・試合後/参照

 まずは気持ちで負けずにそののち技術を出す、と説く彼の言葉通りにはどうもいかなかった。この3年の日々で気持ちで負けないことまでは何とか植え付けつつあるようだが、技術を披露して華麗に相手をねじ伏せるまでは至っていない。ジーコが茨の道と考えたアジア最終予選は、堅守遅攻という唯一の戦い方をパターン化することで乗り切ったが、W杯本大会ではアジア以上の強敵が待つ。少なくとも格上と2度は対戦することになるだろう。アジア相手に満足にボールを支配できなかった日本が、一流国相手に堅守遅攻以外の戦法を編み出せるのかは疑問だ。

 いや逆に考えれば、引いてこない強国と対戦した方が裏のスペースが空いて攻め易いという構図も成り立つかも知れない。その場合の戦い方をジーコはどの程度思考しているのだろうか。最終予選を見た限りでは、それはまったく見えてこなかった。本大会を見据えた準備は、つまり今回の北朝鮮戦以後から始まる。実質的に消化試合となる最終節のイランや、近々開幕するコンフェデレーションズ杯などは打ってつけの好舞台だと言えるだろう。新たなメンバーを試す絶好の機会であり、新たな戦い方を模索するにこれ以上ないシュチュエーションが点在している。

 しかしあまりに予想通りとはいえ、ジーコの心根はやはり負けず嫌いにあるのか、来たるコンフェデ杯のメンバーに新たな名は見られなかった(参照)。それどころか、怪我で離脱した小野と高原の分の追加招集さえなかった。これは衝撃と言ってもいいニュースである。つまりジーコは、1年後も現在の選手の個人的な上積みでしかチームの強化を期待していないということである。

 少なくとも、1年の猶予がある現段階では新戦力は不要という判断を持っているようだ。それはコンフェデ杯で優勝すると公言した彼の本気を示すものなのかも知れないが、あまりにも興を削ぐ。本大会の1年前のコンフェデ杯で優勝したところで、大した意味のないことはすでにこれまでの同大会の歴史が証明している。ここはどう考えても、新たな手を模索する素振りくらいは示しておくべきなのだ。中村曰く、北朝鮮戦後のジーコはいきなりW杯の話をこう持ち出したのだそうだ。「(W杯は)参加するのではなく、カップを奪いに行くんだ」と。この思想家というより魂の宗教家に近い指揮官より、むしろ選手の方が現実的に来年を見据えていると言えるかも知れない。


「本大会まで1年あるから半年くらいはどういうサッカーを目指すのかを追求したい。パスを回されて歯が立たない相手と対戦する時はどうするかというような引き出しが必要だと思う。昨年にイングランドとやったときのように半分かそれ以上引いて我慢して人数をかけて守る。アジア杯もそうだった。ヒデ(中田)さんが引き過ぎだと言ってもっと前からプレスをかけてボールを取ろうと言っていたけど…。
 (強い相手とやる時は)前の3人がプレスに行ってかわされて、あと7人で守るというのではやられるから少し引く必要があると思う。あやふやに『今まで自分たちがしてきたサッカーをする』というのではなく『そうでないサッカーをすることもある』と認識しないといけない」(中村談/参照

「僕にとっては予選突破はあくまでも通過点。今のこのチームを見た時に、正直W杯本大会で勝ち抜ける力はまだないと思う。そのためにこの1年で個人個人が伸びてみんながレベルアップして勝ち抜けるチームになるということが必要になる」(中田談/参照

「チームとしてはすべてにおいてレベルアップしなければならない。やはり守備面でもう少し精度を上げていきたいところ。レベルの高いチームが相手だとボールの近くで守ると個の力でやられてしまう。ボールから遠いところで守ることを今度のコンフェデでは試していきたい」(宮本談/参照

 指揮官はコンフェデ杯はもとよりW杯本大会でも優勝を狙うのだと言う。ジーコがそう唱えれば、もしかすると現実に優勝するのかも知れないが、それに縋るのみでは情けなさ過ぎる。本大会に出れなければ話にならないが、しかし出場権を獲得したのだから、あとは世界をアッと言わせる『成績』を残すことよりも、彼らが驚嘆するような『戦いぶり』を見せて欲しいと願うのである。断言して、優勝国以外の記憶は『成績』ではなく『戦いぶり』にしか宿らない。成績を重視して、例えば前回大会を上回るベスト16以上の成績を日本代表が叩き出したとしても、それは日本人のみが記憶することになるばかりで、ちっとも世界をアッと言わせたことにはならないのである。

 仮に、近頃ベンフィカの監督に就任したロナルド・クーマンを代表監督として連れて来たところで劇的な改革は期待できないかも知れない。しかしそれでも上積みという点での期待値は今のジーコより勝る。この北朝鮮戦を落としてプレーオフへの道が見えてきていたとしたら、日本サッカー協会が挙げていた候補の何人かが実際にリストアップされた可能性もなくはないが、ここにきて早々と出場権を獲得した我等がジーコに引導を渡すことなどもはや誰にもできない。維新後の西郷の如く、実像に増して虚像が膨らみ続けるこれからの1年を経て、果たして日本代表はいかほどの上積みを得られるのか。

 イラン、そしてサウジアラビアと韓国がこれから歩むであろうこれからの一年間の濃度を凌駕することが、日本には可能なのかどうか。とにかくも、ジーコ本人の指揮官としての上積みはどうやら期待できそうにない。ブラジル代表チームが崩壊しかけた折に、彼はそのベンチに鎮座するのみでそれらの雑音をすべて鎮めてしまった。彼にはそのように類い稀なる将器はあるが、残念ながら卓越した将才には乏しいようだ。

 それでも将才の上積みは要求すべき必須事項だ。W杯本大会を彼は、怖れなど一顧だにせず強敵相手にも真っ向から突出するだろう。そしておそらく気持ちで負けない試合だけは見せてくれる。しかし本大会第1試合後の談話で「今日のシュートが決まらなかったのは技術が足りないからだ。もっと練習して次に臨みたい」などと言って欲しくはないのである。
 シュートが決まらないFWが充実しているのは日本だけの特徴ではない。決めるべき時に決められるFWこそ、世界にも稀にしかいない。少ない機会で決められないのならば、機会そのものを増やすしかない。そこまでは監督の仕事であるが、ジーコの思考にどこまでその辺りが加味されているのかは未だ見えてこない。将才の上積みの必要性を感じるのは特にその部分にである。

 コンフェデ杯以降どれだけの新戦力が加入し、それらが戦力化され実質的なチームとしての戦闘力がアップするのか。新戦力とは何も新顔ばかりとは限らない。予選において出番の少なかった現有メンバーにも言えることである。これからの1年間で代表の門戸はより狭まるだろう。2006年ばかりか2010年以後を見据えた場合、これからの1年の日々の重要性は思うよりも大きい。
 トルシエが掘り尽した日本の新田は、ジーコで閉じられる。他の田に目を向けている暇は、恐らくこれからの彼にはないであろう。また誰かが掘り起こすまで、それらの田は静かに腐りゆくのである。日の当たらないまま小粒に育ったそれらを率いて、またいつかの最終予選を戦う時、我々は後悔しないと言い切れるだろうか。


「(予選突破の感激は)そんなに感じなかった。コンフェデ杯に出場できるように調整していきたい。(悔しさは)常にないとおかしいし、普通にありますよ。ただ約2年間みんなで練習して合宿して休まずやってきているので嬉しい。
 通過点をしっかりと通過できて良かった。これ(W杯出場)を常にしていかなければいけない。次の予選の時もまだサッカー選手だと思うので、その時は試合に出られるように頑張りたい」(本山談/参照

 多大なる権能を持つ人物には、それなりの批判が伴って然るべしである。ただ彼そのものには欲はないが、ジーコが唯一持つ負けず嫌いという欲が今の水準の日本代表にどう作用し影響するのかは図り難い。ともかくもそれが小さな範囲でないことだけは確かだ。指揮官を変えないということが決まったのならば、かの人の将才の上積みこそ、これからの必須課題であると提言する。それ以外にないのだから、それを望むほかはない。
[PR]

by meishow | 2005-06-09 22:32 | フットボール


<< 遅攻の代償      ジーコの王手 >>